「黙ってればわかんないから…」娘の旦那を寝取る四十路義母 紅月ひかり 一条綺美香

紅月ひかり寝取り母 8』娘夫婦の家に行った四十路義母のひかりは、深夜娘婿が一人マスターベーションしているのを目撃してしまう。ひかりは婿を寝室に呼び自慰行為を見たことを告げた。婿は「変なものを見せてしまいすいません。」と言うと、義母は「私も、最近シテないから興奮しちゃって…」と言って婿のカラダを触りはじめる。婿は「あぁ、ダメですよ、お義母さん…」するとひかりは「あの子には黙ってるから…、ね、お願い…お願ぁ〜い♥」と言ってキスした。婿もここまでされて断ることができず…。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX