「母さん、抜いてよ…」いつでもどこでも母の肉体を求める息子 二ノ宮慶子

二ノ宮慶子夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖 二ノ宮慶子』息子と夫と3人で暮らす四十路妻の慶子には、最近悩みがあった。息子が受験に失敗したのを境におかしくなり、急に母を犯してしまったのだ。それ以来いつでもどこでも息子は母のカラダを求めた。キッチンで洗い物をする母のところにやってきて勃起した下半身の膨らみを見せ「母さん、抜いてよ」とおねだり。その場でフェラさせ、イラマチオ!母のパンティを脱がせてクンニし、シンクに手をつかせ立ちバックでハメるのだった。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX