【ヘンリー塚本】夫の連れ子に犯され身籠ってしまった四十路義母! 平岡里枝子

平岡里枝子ヘンリー塚本原作 母(おふくろ)/嫁(よめ) 息子の種で身篭った母』再婚した夫の連れ子が四十路義母が飲む水に睡眠薬を混入し眠らせて犯してしまう。そして完全に熟睡して動かない母の膣内に射精してしまう。やがて義母が目を覚まし、膣内に違和感を感じ指を入れ匂いを嗅ぐとザーメンの臭いがしたので義息にヤられたことを認識する。怒りに震え息子の部屋に向かい息子の頬をビンタして「何をしたか言って!」と問い詰めた。息子は重い口を開き、

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX