官能小説を書くためのネタで四十路妻を他人に寝取らせる作家先生 矢部寿恵

熟女動画夫の前でオルガズムを迎える 貞淑美人妻 矢部寿恵』 純文学の作家・矢部健三の妻・寿恵。やっとの思いで夫が書き終えた原稿を出版社に届けるが、担当の編集者が代わり、その原稿を時代遅れと切り捨てて受け取らなかった。しかもその時、先生に官能小説を書くように言伝てしたのだ。ショックを受けた健三は、所用で出かけると行って家を出ると、入れ替わりで若いAV男優がやってきた。先生に頼まれて奥さんを寝取るために来たのだという。寿恵は、ふと隣の部屋を見ると、そこから出掛けたはずの夫が覗いていて…。寿恵は若者にされるがままヤられてしまう。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX