何かのお告げで愛の伝道師となった四十路痴女母が息子とセックス! 円城ひとみ

円城ひとみ隣のスケベなお母さん 円城ひとみ』四十路母のひとみは、ある日、昼寝をしていると、急にお告げのようなものが降りてきた。それは、深刻な少子化を解消するためにもっとセックスをせよというような内容のお告げだった。そこでひとみは愛の伝道師となって、さっそく息子にセックスの良さを教えてあげることにした。息子も訳がわからないまま、なんとなく納得して母に性の教えを請うことになる。ひとみは、セクシーランジェリーに身を包み、息子にマムコを舐めさせ肉棒をハメさせるのだった。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX